どうしてEDになるのか | 勃起不全の強い味方! ED治療薬を安全に入手しましょう!!
menu

どうしてEDになるのか

黄色いカプセルの入っているパッケージ

EDにはどうしてなるのでしょうか?
ということを考える前に、勃起のメカニズムについて説明しておいた方が良いかもしれませんね。
そもそも健康状態の場合、あなたはいつ勃起をしますか?おそらく性的な刺激を得た時だと思います。
性的な刺激を脳で感じ取ると脳は信号を発します。その信号は神経によって伝達されます。
信号の行先は……もちろん陰茎ですね。陰茎周辺の動脈を広げるように支持を出し、血液が流れ込みます。
これによって陰茎の海綿体に血液が集まり、勃起が可能になるのです。
勃起には神経の伝達、動脈の動き、そして血流が重要というのをご理解いただけましたでしょうか?
つまり勃起ができない状態というのは、このうちの何かが正常に働いていない状態なのです。
原因として考えられるのは糖尿病や高血圧。どちらも動脈の働きに異常をきたす可能性がある状態です。
D治療薬はこの症状に効力を発揮するのかというと、ようするに血管を拡張します。
血流が海綿体まで行き届くよう、活性酸素を阻害する働きがあるのです。
血管が拡がり、海綿体に血液が集まると勃起する……つまりはそういうことです。
ED治療薬によってその効き目の持続時間や、効力はすこし違います。
この次のページでは、そんなED治療薬の違いや使い方についてお話します。